会長所信

会長 下地勇気
 
那覇商工会議所青年部
2018年度 会長 下地勇気

 
 

 YEGで得たもの。それは「たくさんの信頼できる仲間」です。
入会して以来、那覇YEGの様々な事業に取り組み、職種、役職、立場の異なる会員達と共に過ごしてきました。
那覇YEGとしていかに地域を盛り上げるか、事業を成し遂げるか試行錯誤する中で、自社の展望や悩みなど多くを語り合う時間も生まれました。そこから強い刺激やヒントを得、私自身の生き方やビジネスに大きな影響を受け、今に至っています。
これは、ただ単に「同じ組織に所属していた」、「酒を酌み交わした」、それだけの結果ではないと思っています。
YEGの事業は自分の利益に直結するとは限りません。もちろん、給料も出ません。地域の為、会員の為の課題に向けて力を合わせたその時に、その人の本質を垣間見ることができると思うのです。企画力、判断力、実行力を目の当たりにして、誠実さや一緒にやる楽しさを感じ、ゆくゆくはそれが仕事やプライベートでも繋がりたいという信頼関係が生まれるのです。
もちろん、YEGに全力を傾けることの難しい立場やタイミングの方もいらっしゃいます。そんな方でも様々な形で誠意を伝えてくださいます。
最後まで言い訳せずに自分自身に責任を持って行動し、また、常に自分自身が成長しようと努力し続ける。そういう仲間を私は信頼しています。

平成30年度のスローガンとして、YEGを楽しみながら全力で全うする。また、敬愛する諸先輩方が繋いできた思いを、平成29年度は熱として伝えてきました。そのYEGの熱を力とし、その先へつなげていく。という意味を込め「ENJOY YEG! ボーボーMAX 〜YEGの熱をその先へ〜」を掲げ、多くのことに全力で挑戦します。

まず、地域の青年経済団体として、会員を送り出してくれている各企業へのメリットを考えなくてはなりません。どんなに素晴らしい地域貢献事業を行なったとしても、自社の業績が延びなければ、YEGに参加する意義があるのでしょうか。自企業を発展させることが、最大の地域貢献と位置づけ、事業を展開していきます。
また、沖縄県那覇市という地の利を活かしたビジネスチャンス事業も開催します。YEGの全国組織のスケールメリットも積極的に活用し、会員企業の利益につながるよう、取り組んでまいります。
そして、会員人一人一人のスキルアップにも目を向け、組織全体のレベルの底上げを目指します。私は机上での学びは単なる材料に過ぎず、人は人との交流によって成長を遂げると考えるため、様々な団体との交流を通して人材育成を図ります。
同時に、会員拡大にも今まで以上に積極的に取り組みます。新入会員のフォローアップはもとより、入会当初からYEGの楽しさを味わっていただくために、定例会事業だけではなく、仲間との絆を会員全体で分かち合えるような様々な交流イベントを開催します。平成32年度の那覇YEG設立40周年を念頭に、会員拡大しながら、那覇YEGの伝統と誇りを受け継いでいきたいと思います。
さらに、地域貢献の一つとして、那覇市の企業が抱える課題や要望を洗い出し、改善策を模索しながら、那覇市や本会と連携して那覇市への政策提言をまとめてみたいと考えています。その過程で、会員一人一人が那覇市やその課題への理解を深め、地域活性化への一役を担うことも大きな目的としています。
また、那覇YEGはこれまで多くの素晴らしい事業を行なってまいりましたが、その成果は、知る人ぞ知るのみで、世間からの評価やその後の事業に繋げる努力は、欠けていたのではないかと感じています。
今後は組織内だけの告知に留まらず、せっかくの事業や、その成果を様々な媒体を駆使して伝え、「那覇YEG」の魅力をPRしてみようと思います。ひいては、これが会員拡大、活動への積極的な参加に繋がり、那覇YEG会員としての誇りがさらに生まれるのではないでしょうか。
これまで、開催し続けてきた「わったー那覇めしグランプリ決定戦」も、次は第8回を数え、那覇市の春のイベントとして定着してきました。着地点を見据えながら、那覇YEG全体で、地域の皆様と協力し、盛り上げてまいりたいと思います。

平成30年度は役員構成をはじめとして、定例会事業及び委員会事業の運営を積極的に改革いたします。それには、既存のルールに囚われず、効率的で明確な運営方法の改善が必須となります。財政面も含め、会員一人一人が輝けるような組織を目指してまいります。

那覇YEGは、会員として、委員会の一員として、理事として、私にはたくさんの成長を与えてくれました。平成24年度の日本商工会議所青年部第32回全国大会「おきなわ那覇大会」をきっかけに、日本YEGにも3度の出向という貴重な経験を得ることもできました。
その恩返しの為、会員の為、地域の為、そして自らの更なる成長の為にも、平成30年度那覇商工会議所青年部の会長職を「ENJOY YEG! ボーボーMAX 〜YEGの熱をその先へ〜」全身全霊で全うしてまいります。

 
 

那覇商工会議所青年部 平成30年度スローガン
ENJOY YEG! ボーボーMAX 〜YEGの熱をその先へ〜

 
 

■ 基 本 方 針 ■

1.YEGの魅力を周知させ、那覇YEGとしての「ブランド」を確立させる
2.那覇市が抱える課題などに対して改善策を提案し、本会と連携して那覇市に政策提言を行う
3.『ビジネスへ結びつけるため・自己研鑽のため・仲間を増やすため・地域へ何か貢献したい等』高き志を持った会員を増やす
4.魅力ある人材と組織づくり
5.県内外及び海外の青年経済人と交流する事で広い視野と人脈を形成し会員のビジネスチャンスに繋げる
6.会員同士が交流し信頼関係を構築していく
7.時間厳守、規律ある堅実な定例会運営により参加率向上に努める
 
 

■ 基 本 計 画 ■

【1】全体事業

  1.積極的な企業PRの促進
  2.定例会への会員参加率の向上
  3.会員拡大 70名
  4.新入会員のフォローアップ
  5.日本YEG・九青連・沖縄県連が主催する事業への参画
  6.第8回わったー那覇めしグランプリ決定戦の開催

【2】諸会議の開催

  1.総会の開催
  2.定例会の開催
  3.理事会の開催(毎月)
  4.執行部会の開催(随時)
  5.三役会の開催(随時)
  6.各委員会の開催(毎月1回以上)

【3】委員会

  1.総務委員会
  2.YEGブランド委員会
  3.地域活性政策ビジョン委員会
  4.会員拡大交流委員会
  5.人財育成委員会
  6.ビジネスチャンス委員会
  7.組織向上2018委員会

【4】他団体との交流と連携の促進。
【5】那覇商工会議所本会との連携強化。